投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も苦しい忍耐とは
2008/03/14 08:12 [Fri]
category:相場日誌
毎回ながら、本当に久方ぶりだな。
ええと……その話はもう止めましょうよ。
うむ。ところで久方ぶりと言えば、久方ぶりに長期株式艦隊の新造艦を建造する計画があったと思うが、その後あれはどうなっているのだ?
山下殿がすでに指値を入れたとか入れないとかと言う話だったが……
ああ、あれは結局、未だ実行には至っていません。
なんと。ついに帝国長期株式艦隊が成るかと思っていたのだが……残念なことだな。しかしどうして計画は実行されなかったのだ?
現在の我が帝国の戦略策定は総て例外なく「システムトレード」に則っている必要があります。これが私たちの大戦略ですから。
なので、バリュー重視の株式売買についてもシステムアプローチによるエントリー・エグジットを導入させることにしたんですよ。
ふむ。それはもっともなことだが……システムアプローチのエントリーは発動しなかったのか?
ええと、実は前回(1月)の急落で一度点灯してはいたんですが、システムが完成したのがその後だったので……
まぁ致し方ないか。だが最近はどうだ? 最近もまた空前の下落が続いているではないか。
駄目ですね。まだまだ足りません。
そうなのか? もはや叩き売り、充分すぎるほどに下落しているではないか。この状況下で買い場を待っている者などおるまい。
普通に考えればそうでしょうね。ですけど、ここで待てるかどうかがトレードの成否を分けるポイントになるんじゃないかと思うんです。
と言うと?
そうですね……行動ファイナンスで、人は含み損には長く耐えるけれども含み益を確定させる誘惑にはなかなか勝てない、という話がありますよね?
うむ。それは知っているが……
でも私が思うに、それ以上に忍耐力を要求されるのが、「絶好の買い場が訪れた時に、さらに良い買い場になるまで待つ」という忍耐力だと思うんです。
なるほどな。たしかにそうかもしれん。だが結果としてもしその買い場を逃した場合、大きな機会損失を生むことになるのではないか?
……。まさにその考え方が「待つ忍耐」ができなくなる原因なんですってば。
そうかもしれんが、機会損失はたしかに現実のものだろう。これを軽視するわけにはいくまい。
そこで、システムによる統計的優位性を持ったエントリーポイントの知識が物を言うわけです。心の誘惑を無視して、一番有利なポイントまで待てますからね。
そしてそのポイントはまだ訪れていない、というわけだな。
そういうことです。もちろん確率的なものですから、1回1回の取引の結果は間違うかもしれません。今回だって、本当は今エントリーしたほうがいいかもしれません。でも、長い目で見れば有利なポイントを待つほうがいいんです。
ふむ。それにしても、優位性のあるエントリーとは、普段考えてるよりずっと安いところにあるのだな。
まぁシステムの種類にもよりますけどね。でもたいていは裁量で考えるポイントより厳しいところになるみたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

行き過ぎの更に下値、沈没状態のところをサルベージするわけですね~。
今の状況だと12000円絶対防衛線を突破されることもありそうですもんね。
僕は「小松」も「住電」も進水式完了です。
ついでに、「インフォシス」も進水してインパール作戦開始なり~!
< ( ̄^ ̄)
【2008/03/15 01:01】 URL | 配当金太郎 #- [ 編集 ]


イ、インパール作戦とは縁起でもない……((((;゚Д゚)))
でも補給線を断たれなければ(資金ショートしなければ)いつかは大きな戦果を挙げられるはず!
ご武運を!<( ̄^ ̄)

これだけ叩き売られてると、ホントは僕もあれもこれも買いたくて仕方ないんですけどね~。
ただうちの場合は、主戦力は短期システムトレードですから、たとえ良い買い物をしても評価損が続くとそれを担保にして運用しているシステムの資金効率が落ちて、現実の損害を被るので、ここは我慢我慢なんです(><)
【2008/03/16 12:10】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/75-7dfc575f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。