投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふりかえって
2008/01/14 08:45 [Mon]
category:相場日誌
えーっと、長い休暇でしたね。
まったくだ。もう年が明けてしまったではないか。
だねー。あ、そういえばフィーちゃん、目標年利100%!とかって言ってたけど、結局どうなったの?達成した?
うぅっ、そんな、聞かなくたって分かってるじゃないですか・・・。
うむ。たしかに残念だったが、終わってみれば全体で利回り40.6%。上々の数値だろう。落ち込むこともあるまい。
ま、年換算でみれば、な。だが第一四半期を過ぎた時点ですでに30%を達成していた事実を考えれば、残る9ヶ月の成績はたった+10%、敗戦にも等しいと思えるがな。
す、すみません・・・。
まーまー。一応プラスなんだから、あんまり責めるのは良くないよ。原因は何だったの?
まず、主力のF-225システムのレバレッジをかなり保守的なレベルに下げたことです。
うむ。それは致し方あるまい。以前のレバレッジでは70%超のドローダウンも起こり得たのだからな。我々はともかく、マケトリ氏の精神強度ではとても耐えられまい。
そして・・・代わりに新規で運用した個別株システム、──短期の上昇を捉えるところからSAM、地対空ミサイルなどと呼称していたのですが──これがしばしば壊滅的被害を被ったせいです・・・。
上手く機能していれば、システム同士でポートフォリオ化できたんだろうが・・・
ええ、目論みとしてはポートフォリオ化によって損益を安定させるつもりだったんです。
そういえば、イーグレットシステムは?
あれは一日のオーバーナイトだったので、日経先物のイブニングセッションの影響を見るためにいったん運用を停止してるんですが・・・停止中のパフォーマンスがいまいち伸びていないので、運用再開の目処が付かないんですよ。
はぁ・・・。つまりまとめると、F-225システム以外はどれも散々。頼みのF-225もレバレッジを下げた分、力が落ちた。そんなところか。
そんなところです・・・。
新システムの開発とは、なかなか上手く行かないものだな。
いっそ、かつてのバリュー投資を再開するのというのはどうか?
まぁ、今の市況を見れば気持ちはわからんでもないが・・・システムに専念する、って方針だからな。
うーーん、いまいち明るい話にならないねー。今年はどーなることやら・・・。
スポンサーサイト

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/73-960b7c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。