投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラティリティの変動とシステムの資金効率
2007/08/19 21:28 [Sun]
category:未分類

なんかすごいことになってるね、最近。
うぅむ。たった三日間で日経平均が1600円も下がるとは……。
なんかね、マケトリくんの身内の人とかがやたら心配して連絡くれてるみたいだよ。
まあ一般の人にとっては、手法がシステムトレードだろうと対象が日経先物だろうと、ひとくくりに「株やってる」で済まされてしまうからな。無理もないが。
うぅむ。

だが、さりとて同じ相場を張る以上、システムトレーダーとて影響が全く無いとは言えぬのではないか?
まぁ……システムによりますけど、今の帝国のシステムは基本的に売りからも買いからも平等に仕掛けますから、株価の下落それ自体が問題というわけでは無いですけどね。
では昨今のボラティリティの大きさが問題、というわけか。
ボラティリティが大きいということ自体は基本的に歓迎できることですよ。相場が荒れるほど損益に対する取引手数料の比率が下がりますからね。
問題になるは、ボラティリティの「急激な変化」ですね。
これは短期の裁量トレーダーでも同じですけど、どうしても「平時」のボラティリティを基準にポジションサイズを決めがちになりますから。
うーーんと……その、急激な変化が起こると、何が困るってことなの?
えっと、ちょっと抽象的すぎましたね。じゃあ例を取りますね。

たとえば日経先物のデイトレードのシステムを作ったとしますよね。
日経先物だから普段は一日だと動いてもせいぜい2%です。だからこのシステムも1トレードあたりの平均損益は+0.5%くらいです。
で、平均損益に大してだいたい±1%くらいの範囲で損失とか利益とかが毎日出てたとします。
ここまでは良いですね?
良いけど、なんで今日はそんな教育テレビのお姉さんみたいになってるんだ?
あはは。いえ、ちょっと例のシストレ講座の企画で士官候補生の後輩たちにシステムトレードの基礎講義をすることなりそうなんで、ついそういうノリが……。
あー、この前に言ってたアレか。ご苦労なことだな、フィフティーも。
何、他人事みたく言ってるんですか、友夏さんも講師やるんですよ?
ええっ!? 聞いてないぞ、そんな──
はいはい、文句は後で。話を進めますよー。
さっきのデイトレードシステムの話ですけど、このシステムは平均損益が+0.5%、しかも大体90%以上のトレードが+1.5%~-1.5%くらいの間に収まるわけですね。
で、このシステムを運用するシステムトレーダーは、総資産の15%くらいまでなら、一回のトレードで失っても構わない、って思ってたとします。ちょっと強気なトレーダーな気もしますけど、まぁどこかにいそうですよね。
どこかに、というか今年の初め頃のお前自身じゃないのか、それは。
……こほんっ、そこ、講義を遮ってはいけませんよ。
こういう前提ですから、このシステムトレーダーは10倍のレバレッジを掛けて取引します。100万円を持っていたら1000万円の建玉を建てるってことですね。
これで一気に1トレード当たりの損益が+5%に跳ね上がります。1回当たりの最悪の損失も-15%か、せいぜい-20%、このトレーダーさんにとっては許容範囲だったとします。
でも、そこに落とし穴があったんです。たしかに「平時は」せいぜい一日で+2%しか変動しない日経平均ですが、4,5年に1回あるか無いかのごくごく低い確率で、一日10%の変動が起こることがあったんです。
あぼーん、だねー。このシステムトレーダーさんは必ず死んじゃうよ。
だな。10%の10倍で100%。一撃必殺だ。
ふふ、その通りです。
となればつまり、こういうことかな?
このトレーダーは、ごく稀に起こる10%の価格変動を基準にしてレバレッジ=ポジションサイズを決めるべきだった、と。
だねー。
ってことは、このトレーダーさんの場合、許容最大損失が15%なんだからレバレッジは1.5倍が適切、ってことになっちゃうね。
どうかな。4,5年に1回10%の価格変動があるとしたら、10年に1回だったら15%とかになるかもしれないぜ。30年に1回、100年に1回だったら?
不測の事態に備えるのも大事だが、度が過ぎたらトレードなんて出来なくなるぞ。

ああっ! なるほどな。……フィフティーの言いたかったことは、そういうことか。
え? えーっ、どういうこと?
つまり、ボラティリティの「変化」の大きさは、システムのリスク要因になる。
しかし、そのリスク要因を軽減させようとすれば、システムの資金効率が悪化してしまう。
ふふっ。ええ、そういうことです。
ふぅむ。
だが、結局のところ最大損失、つまりボラティリティの「急激な変化」の大きさは、どうやって測定すれば良いのだ? 先ほどの話ではどこまで最悪を想定してもキリが無いようではないか。
結局、ごく常識的に考えるしかないと思いますよ。たとえば日経先物だったら、同時多発テロの時に1日で9%も下がってますし、これから先、もっと酷いことが起こったら12%位は1日で動くかもしれません。
でも一日で30%とか上下させるためには、日経225銘柄全部がストップ安かストップ高しないといけませんし、それはさすがに現実味が無いですよね。
最終的には目算、というわけか。ま、未来を予想してるんだから、魔法みたいな解決策があるはずは無いもんな。

スポンサーサイト

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

帝国の外観設計を変えましたね~!
前より随分見やすくなってますよ。 (≧▽≦)b

ぼったくりりてぃボラティリティの急変は、システムの前提をも容赦なく破壊してしまうんですね。
レバレッジをかければ、それだけ緊急時の危険度が跳ね上がる。
安全にいこうとするなら、ある程度の資金をもって現物に徹するしかない。
でも、それだけの資金がない場合、多少のリスクをとってでも……ぐるぐるぐるぐる。
むむむぅ、悩ましいです。
【2007/08/19 22:30】 URL | 配当金太郎 #- [ 編集 ]

>配当金太郎さん
見やすくなりましたか! 良かったです。
が、一日分だけ表示すると文章が左にずれるみたい・・・( TДT)
本文がデタラメにテーブル使いすぎなせいかな・・・。

レバかければ危険というだけの、ある意味当たり前なお話なんですが、ぐるぐるしてます。
ついでにブログの方向性についてもぐるぐるしてましたり・・・。
【2007/08/23 18:03】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]


現物の場合、何年かに一度の株価暴落を気にしていたら
『投資自体できっこないよっ!!リスクをとらないリスクも考えなきゃ!!』
って一蹴できてしまいますけど、レバレッジをかけている場合は致命傷になりかねないので考えものですね。

私は現物オンリーで勝負するつもりでしたが、年に数回の高い確率で勝利できるような状況(例えばつい最近のTDK株の大暴落時)に備えて、信用取引を始めました。

一応、それでもレバレッジは2倍以内に抑えることにしています。
難しい問題ですね。
【2007/08/26 16:16】 URL | CHARO #- [ 編集 ]

>CHAROさん
単純な「現金⇒現物株式」の取引って、自分の資産全体のポートフォリオの配分変更みたいなものですからね。
現金も相対的に見ればリスク資産(インフレ・デフレで価値変わる)ですし、
結局元々持ってるリスクを何処に置くか、ってことになるわけで。

一方、短期売買のシステム運用っていうのは、本来自分が持ってなかったリスクを
わざわざ生み出してる(より正確には他の誰かから譲り受けてる)わけで、だいぶ話が変わってきます。

「不安定さ=リスク」の定義から見れば、取引回数が多いほどリスクが小さい(その分、大数の法則が働きますから)はずで、
言い換えれば、短期売買であるほどリスクが小さい、ってことになるはずで。

で、リスクが小さい分だけ大きなレバレッジをかけられる、という理屈がまかりとおるわけなんですが……
最初の理屈「取引回数が多いと(大数の法則が働いて)リスクが小さくなる」を過信するのはマズイかな、と最近は思ってるんですよね。
これって、リターンがサイコロ投げみたいにランダムに分布するっていうのを前提にしてるわけですから。

システムトレードってランダムウォーク仮説とは本来真っ向対立のはずなんだけど、
システムの将来の資産曲線を予想する時は、ついついランダムなリターンの分布を
想定してしまうんですよね。で、ポジションサイズもそれに合わせてしまう。

最近の派手な市場の動きでゴールドマンのシステム(債券の裁定取り)が崩壊したってニュースもありましたけど、
あれも、市場の値動きにランダムな分布(定常的な分布)を期待した結果じゃないかと思ってみたりしてます。
統計ツールを自在に操る頭のいい人たちほど嵌る落とし穴なのかもしれません。


……脱線しすぎ。。。orz
【2007/08/27 11:17】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/72-1c006f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。