投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.7.4 相場日記「中国経済の明日はどっちだ!?」
2006/07/04 09:43 [Tue]
category:相場日誌
やほーー。号外号外ー。中国市場の『耳寄り』最新情報だよー。
これで、ボクも中国株進出の予算獲得間違いなし!だね♪

http://tanakanews.com/g0627china.htm

なになに……田中宇さんの『国際ニュース解説』の記事だな。
ふむ、要約すると、こういうことか。
・中国経済は過剰投資でバブル化している。

・上海など海沿いの都市部の不動産市場は「温州商人」等の投資家集団の資金が流れ込み、暴騰している。

・人民元の為替制度(国内民間企業が外貨を持てず、投資先が限られる『外貨集中制』)が、不動産投資に拍車をかけている。

・鉄鋼、自動車、エアコン、携帯電話等の生産設備も過剰。特に鉄鋼は需要のほとんどが不動産開発に支えられており、不動産バブルが崩壊すると危険。

・過剰投資のバブルが崩壊し、設備投資部分が仮にゼロになったとすると、中国の経済成長率は3%程度になる。中国政府は経済成長率が5%以下になると、失業問題等で社会不安が起きると予測している。

・中国の四大銀行はどれも国有で、政府がらみの融資を断れず多額の不良債権を抱えている。こういう不良債権は国有ノンバンクに譲渡したりして隠されている。

・金融以外の上場企業でも、グループ企業に不良債権を移して会計を粉飾している疑いがある

・年金制度が未整備で、個人は貯蓄を増やして老後に備える必要があり、内需が拡大しにくい。

・ただし、経済が悪化しても「民主化要求」が起こる可能性は低い。また、内需の潜在力は大きく、過剰投資バブルの崩壊は一時的な成長の減退にしかなりそうにない。

おつかれさまー。ほら、やっぱり時代は中国株だよね。
どうもネガティブな話しか見えてこないんだが、
どこをどう解釈したらそういう結論が生まれるんだ?
ともちゃんは頭が固いなー。ボクがもっともっと簡単に、この記事を要約してあげるね。

『中国市場はもうじき大暴落で絶好の買い場が訪れるでしょう。
でも成長はこれからも続くので、その時安値で仕込めば、あなたは億万長者になれるでしょう』


こんな感じだよ。どう? よくわかった?
はぁ……とりあえず、お前の頭の構造はよくわかったよ。
どこまで楽観主義なんだ、お前は……。
でもでも、田中宇さんの記事でも言ってるよー

中国人はまだ全体として貧しく、長期的に見ると、内需拡大の潜在力は非常に大きい

って。
まー、たしかにな。実際この記事に限らず、そういう論調は多いよな。

でも、内陸の貧しい農民層を全て潜在的な需要と捉えるのは、かなり危険なんじゃないか?

そもそも、その貧農層が今後豊かになって内需を支えるっていう予測の根拠ってどこにあるんだ?
うーーーん、根拠って言われちゃうとちょっと………

でも、地方の農民層が都市部に出るか、地方自体が都市化して都市労働者になっていって、
一人当たりの生産性が上がって、国の成長率も上がる、

っていうのは、すっーーーごくよくある途上国の成長パターンだよ?
まあな。でもこの「企業の粉飾疑惑」ってところは気にならないのか?

日本でも有名になった有名ブランドの中国企業ですら、この手の粉飾をやっている疑いがある

これって、レ○ボのことじゃないのか?
だねー。日本でも有名な中国企業ブランドって、他にあんまり思いつかないもんね。チ○○オビ○ルとかも、日本じゃ別にそんな有名って感じでもないよね。
ま、当てっこはともかく、そんなに粉飾が横行してるなら、ファンダメンタル分析なんて通用しない、ってことになるぞ。
どうやって投資先を判断するつもりだ?
やっぱりファンドに頼るしかないかな?
だな。
割安株探しのつもりが、粉飾疑惑銘柄スクリーニングになってたりしたら目もあてられん。

とはいえ、中国進出に向けれる余裕資金なんてうちにはないし、
当面は安心できそうだが。
もーー、安心って言わないでよー。
「残念」だよ、「残念」!

スポンサーサイト

テーマ:中国株 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント
ブログマーケット

こちらのサイトで株式のブログランキングやってます。
是非、参加してみてください。

http://www.kabukun.net/modules/xhld0/
【2006/07/04 15:05】 URL | カブクン #- [ 編集 ]


突然ですが相互リンクして頂けませんでしょうか?
相互リンクOKなら私のサイトにご連絡ください。
【2006/07/05 21:27】 URL | デイトレ #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/7-9cfbe457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

株ブログトラックバックセンターへようこそ

突然失礼致します。この度「株ブログトラックバックセンター」を開設いたしました。株に関する各ブログの記事を集めることによって少しでもお役に立てればと思っています。貴ブログからもトラックバックしていただければと思いご連絡させていただきました。また、相互リンク 株ブログトラックバックセンター【2006/07/04 22:35】

人気ブランドとは

人気ブランドというのは、こんな感じで利用者が高い価値を認めることで広がり、ブランドを作る人も、働いている従業員も、消費者も満足することで、浸透してきます。消費者が満足を得て、欲しいという心を刺激し続け、販売している企業に利益をもたらしているようですね。 No1 ブランド ブランド 人気の・・ ブランドはどのようにして【2006/09/24 22:46】

暴騰・暴落(ぼうとう・ぼうらく)

相場が一度に大幅に上がることを「暴騰」といい、高騰よりその上がり方が更に激しいです。 初心者への提言、外国為替FXの基礎知識【2006/10/27 13:30】
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。