投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'07.4.28 株価の平均回帰性
2007/04/28 04:06 [Sat]
category:未分類
我が帝国が同盟国「システムトレード / 勝利の法則 ~逆張り戦略編~」のCHARO殿が、損切りの有効性の検証を行なっているのだが、なかなか面白い結論が出ているようだ。
定率の損切りが期待値を下げることは、私もいくつかのシステムを検証しながら実感として感じていたことではありますけど、ランダムなトレード条件を使って一般的な「損切り」自体の有効性を検証するとは。
さすがに技術大国のCHAROさんだけのことはありますね。
ふん。それだけじゃないぞ。
この「推論編」で、CHARO氏は損切りがリターンを低下させ、利益確定がリターンを向上させる理由を「株価の平均値(理論価値)回帰」にある、と論じているだろう?
たしかに、それが妥当な結論と思えるが……それがどうしたというのかな?
だとすれば、だ。
この検証方法は、「株価の平均回帰性」をも証明していることにもなるじゃないか!
はぁ……まぁそうなりますね。でもそれってそんなに大したことなんですか?
そりゃそうだろう! 株価に平均回帰性があるのか無いのか、あるいはどの程度の回帰性が認められるのか、これはずっと論争の的になっている問題じゃないか!
うむ。株価の理論価値への回帰がこれほど有意に存在しているのであれば、ロングにせよショートにせよバリューを基準にした逆張りは非常に有効な戦略ということになるな。
そうですね。ただ、CHAROさんも仰るように株式市場は基本的にプラスサムですから、長い期間で回帰を待つならバリューが高くて株価の安い銘柄をロングするだけにしておくほうがいいかと思いますけど。
どうかなぁ。そう話は簡単じゃないと思うよー。
え、どうしてです?
株価が理論価値に回帰するなら──
そこなんだよね。もし「理論価値平均回帰している」としたらどう? 株価と理論価値の鞘寄せは、いつも株価のほうから寄っていくとは限らないよ。
また妙なことを言い出したな、火鈴は。
それがね、妙なことじゃないんだって、ともちゃん。
「企業業績は平均回帰している」って統計データがあるんだよ。
そ、そうなのか!?
うううむむぅ。よく分からなくなってくるな。
「株価は平均値(か理論価値)に回帰する」が、
「理論価値が(も)平均回帰する性質がある(かもしれない)」???
結局のところ、我々はどういう戦略を持てばよいのだ??
ま、火鈴の言ってることが本当なら、一つだけ言えることがあるな。
ん?
下手な企業分析、休むに似たり。ってことだよ。
な、何!?
だってそうだろう。株価の理論価値ってのは、要は将来キャッシュフローを現在価値に割り引いて出すものだ。その将来CFが統計的には平均回帰するっていうんじゃ、過去の業績の数字をこねくり回してみたところで、労力に見合うだけの価値があるかどうか……。
ですけど、火鈴さんの言う「企業業績の平均回帰」の統計データがどれだけ信頼がおけるのかも分かりかねますし、実際好業績を続けている例外的な優良企業もあるわけですから、そこまで極論しちゃうのもどうかと思いますけど……。
う~~ん。
とりあえず、結局また結論は出ずじまいってことだね~。


いつも応援ありがとうございますm(__)m 更新がんがります(*゚ー゚)

スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

こんちは~。
実に興味深い帝国会議です。
きちんと議事録に残しておかねば!
経済学者さんの中には、過去のデータに意味はないなんてこという人も居ますもんね。
そうであれば、チャートも何も必要ねぇぢゃんって話でグズグズですよ(笑)。

最近読んだ「実務家のためのキャッシュフロー分析と企業価値評価」という本では、将来キャッシュフローの予測をする前に、市況や経済動向を踏まえた詳細な分析を行っていました。
その上で、将来における楽観、普通、悲観の3つのシナリオを立て、それを元に将来のキャッシュフローを考えていくという方法をとっていました。
こんな感じで資産価値と将来のキャッシュフローを組み合わせて企業価値を算出しても、市場参加者が同じように評価しなければダメなわけで、なかなか難しいです。
実際、企業価値以下に放置される銘柄も多数ありますしね。
誰も分からない未来が分かれば、株式投資も苦労はしないんでしょうけど。

マケトリさん、あちこち行ってますね~。
感心しちゃいました。
道理でコメントが他の人と違う雰囲気……納得。
僕もね、ポーランドズルチ持ってますよ。
国外出た途端、全然換金してくれないんでやんの(笑)。
【2007/04/28 12:10】 URL | 配当金太郎 #- [ 編集 ]


ぉお、マケトリ大元帥閣下。
病でダウンされたものとばかり思っておりましたが・・
復活再進撃しておられるじゃありませんか!
さらに、徳川埋蔵金に超過するという金塊があるというじゃありませんか!

CHARO殿の理論はためになりますなー。ぼくもこっそりリンクしてチェックしておこう。(^^;
ぼくも理論株価はDCF奉仕者ですが、いかんせん実践では計算不可ですねぇ。

ここはカンですが、当期業績が株価に対して相当なインパクトがあるような気がします。
世間様は当期業績至上主義のような気がします。
神戸製鋼をウォッチしておりましたが、前期最高益でも当期減益予想だとドカッ売られる有様です。

現実的指標の当期PERを投資指標として、当期業種別平均PERを算出。著しく乖離しているやつを買うというロング系のシステムがよさそうな気がします。移動平均とかRSIとか関係なし。もちろん基礎前提に変更がないかぎり損切りなしという鬼システム

IRが出るたびに当期EPSを速攻で算出してはじきだすサイトがあるといいんですが・・
自分でやれとやるととてつもなく労力をつかいますねぇ。モッコとつるはしでは実現不可能(^^;;
【2007/04/28 12:28】 URL | よこまる #- [ 編集 ]

>配当金太郎さん
人間の意思決定に対しては確率論は通用しない、っていうのがケインズの考え方にもありますね。
企業活動ってまさに人間の意思決定の集積ですし、それを反映したものが株価だとするなら、過去の株価データには意味が無い、という三段論法じみた結論を導くこともできなくはない、のかもしれないですね。
ただ、短期の株価動向を左右する需給と群集心理にも同じ論法が通用するかというと……かなり怪しいような気がします。

予想シナリオを3つ立てる、っていうのは良い方法ですね。
手仕舞いの基準にもなりますし。
ただそれだけ分析しても間違えるときは間違えるわけで、費用対効果を考えるとETFなり信頼できるアクティブファンドなりに預けるのとどっちが良いのか?って思うとなかなか悩ましいところではあるんですが……。

あちこち行ったのは大半は学生時代の話ですけどね~。
実はトレードで成功したらPT(終身旅行者)になるのが夢なんですよ。
まだまだまだまだ先は長いですけど。

弱小国の通貨はせいぜい隣国ぐらいまでしか換金してくれませんよ~(笑)。
関係ないですけど、昔ラオス行った時すごいインフレで100ドル札を交換したら、向こうの一番額面の大きいお札で50枚程で返ってくる時があって。
なのに両替所で前に並んでた欧米人が、カバンも持ってないのに200ドルを両替しちゃって、物凄い紙束渡されて困惑してたことがありました。アレはなかなか面白かったですw
【2007/04/29 01:31】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]

>よこまるさん
当期PER de 鬼ホールドシステムですか!
現在のを追っかけていくだけなら楽天証券のエクセルのスプレッドシートとか使ったらわりと簡単にできそうですけど、問題は過去の検証ですよね(^^;;;
正確にやろうとすると……血を見るかもしれませんw

実際、なんだかんだ言っても当期予想の影響は大きいですよね。
我が帝国の懐かしの不沈戦艦ヤマト君も、期首にものすごーく謙虚で控え目で、やまとなでしこの鏡みたいな業績予想を出して以来、被弾を重ねて轟沈しましたからねー。
途中で上方修正出して、最終的には前期実績を越える予想になってたのに、そっちには反応せず……なぜにΣ( ̄□ ̄;)

ちょっと業者に問い合わせてみましたが、金貨の時価額はかなりショボイようでした。
観賞用に残しておこうかと思うくらい。。orz
【2007/04/29 01:37】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/69-1140ee24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。