投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.7.3 相場日記『見てらんない!』
2006/07/03 23:59 [Mon]
category:相場日誌
ふははははは。
ついにポートモレスビーを落としたぞ!
これで米豪間は遮断したも同然。ガダルカナルも我が物だ。
艦隊を南方に転進! 豪州を各個撃破するぞ!

史実では不肖の後輩どものお陰で敗北を喫したが、私の率いる連合艦隊に敗北の文字は無い!
何をやってるんだ? あいつは。
きっと、『太平洋の嵐4』をやってらっしゃるのでしょう。
中古で安かった、と先週喜んで買っておられましたし。
最大戦速で現実逃避してるようだな。
ムリもないですよ。
このところ日経平均は上がれど、元帥の所有株には何処吹く風。
しかも下がる時だけは、足並みを揃えてますから(´Д`)
どうだフィフティー、この戦況を見てみよ。
はあ……。
すでに南部太平洋は我が手にあるも同然だ。中部太平洋も重要拠点を要塞化し防備は万全。しかも航空隊は集中運用によりほとんど損害らしい損害など受けていない。すでに開戦から1年が経過しているが、開戦当初の熟練搭乗員がほぼ生き残り戦線を支えており、後進の育成も怠っておらん。そして艦隊は神出鬼没に敵の手薄な拠点を痛打し、且つ損害はきわめて軽微だ。これらの前進を支えているのが、南方資源と本土をつなぐ輸送艦隊なのだ。敵潜による通商破壊の影響は決して軽視してはならぬ。わが国は資源地帯と本土が大きく離れており輸送船団の防備はきわめて重要だ。海上輸送は常に護送船団方式で行なう必要がある。たとえ一時的に前線の戦力が手薄になろうとも、長期に渡ってこの戦争を戦うためには──
はぁ……完全にハマってるな。相場のことなんて頭の片隅にすら残ってないんじゃないか?
フィフティー、目、覚まさしてやれよ。一応大事な先輩だろう?
で、でもどうしたら……。
あの、元帥? ゲームもいいですけど、今は──
フィフティー、これはきわめて大事なことだぞ。後の無い我が国にとって艦隊決戦はただ一度の敗北すら致命的になりうる。投機的作戦は厳に慎むべきなのだ。見よ、このように陸軍師団、艦隊、航空機とも集中運用を行なえば損害は少なくて済む。一万の軍が五千の軍を撃滅する時、一万の軍の損害は五千よりも小さい。これが各個撃破の優位性というものだ。つまり──
止まりそうにないな……。
よほど、相場を見たくないんでしょうね(´Д`)

スポンサーサイト

テーマ:株日記ちょっと気になる独り言 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/6-d4e45fa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。