投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時大本営会議「転戦か代替戦力か」
2007/02/11 16:26 [Sun]
category:大本営会議
みなも知ってのとおり、今や帝国の屋台骨とも言えるシストレ航空隊に危機が訪れようとしている。本日はその対策を協議したい。
ではまずフィフティーより、状況の報告を。
はい。
事の発端については前エントリを参照頂きたいと思いますので手短に。
大証が今夏より、シストレ航空隊の主戦場である日経225先物市場の夕方取引を開始するという報道があったのです。
現行のシストレ航空隊のシステム「F-225B」は試作一号機である「XF-225」の派生型ですが、基本構造は変わりません。本システムの重要パラメータである、一日の値幅やギャップに大きな変化を及ぼすと思われる夕方取引の開始は、システムの有効性を大きく揺るがす事態だと認識せざるをえません。
だが、本当に夕方取引の開始がそれほどの非常事態なのか?

「夕方の価格はほぼ昼間の引けの価格に落ち着くだけなのではないか」
http://saitou.enjyuku-blog.com/archives/2007_01_post_38.html

という見方もあるぞ。ちなみにこの方は逆張りのシステムで大きな実績をお持ちのシステムトレーダーだそうだが。
たしかにその可能性もあります。15:00以降は現物が動かないわけですから。
ただ、その方も仰っているとおり、結局のところ始まってみないとわからないことですから。
まぁ、そりゃそうだよな。
そして、わからない以上、始まってしばらくは一旦航空隊を撤退させて、有効性を再度確認する必要性が生じます。
うむ。つまり、影響の在る無しに関わらず、いずれにせよ一時的に利益を損ねることは間違いない、というわけか。
そうなりますね。
それで、フィーちゃんはシストレ航空隊の有効性を再確認するのに、どのくらい時間をかければいいと思ってるの?
まず航空隊を完全撤退させて机上演習に終始する期間が最低でも1ヶ月、できれば3ヶ月は欲しいところです。
うーーーん。3ヶ月はちょっと長すぎない?その間ずっと戦果ゼロっていうのは厳しいよ、やっぱり。
それは……そうなんですけど……。
でも資金の保全を考えると、机上演習は長ければ長いほうがいいんです。
オレは賛成だな。戦局いかんにもよるが、机上演習は長めに取るべきだろう。
そして、以後は段階的に戦線復帰させていきます。
最初は現行の戦力の1/4を、そしてその後の戦果いかんで1/2、現状復帰と続けていきます。
うーーーん、長い道のりだねーーー……。
ですが、これはあくまで夕方取引がシストレ航空隊F-225Bシステムの有効性に対して影響が無かった場合のシナリオです。
最悪の場合、机上演習にて有効性が否定され、航空隊は解体されることになります。
うっ……現在の帝国の国防が航空隊に頼りきりである現状を思うと……あまり考えたく状況だが。
だが見通しが立たない以上、最悪の事態を前提にして対策を練るしかないだろう!
シストレ航空隊は解体される!この前提で話を進めるぞ!
だとしたらー、問題になるのはともちゃんの「シストレ機甲師団」の開発状況だよね?
うぅっ……。一応、基本構造は出来上がりつつあるんだが……
たしかに、代替戦力の確保という意味ではシストレ機甲師団の開発は急務であろう。
だが、シストレ航空隊を転戦させて存続していくことはできないだろうか?
つまり、日経先物以外の市場でシストレ航空隊を使おうということですね?
そうだ。まず候補としては商品先物市場があるだろう。ロットも小さいし、お誂え向きという印象があるが、どうかな。
実はすでに検討を重ねましたが……無理ですね。日経先物に較べて圧倒的に出来高が小さすぎますし、ストップ高・安が頻発するため最大損失が予測不能です。航空隊を運用するには非常にリスキーと言わざるを得ません。
なら、海外市場はどうだ?WTI原油、あるいは海外の指数先物でもいい。
WTIはほぼ終日開いてますから、航空隊のシステムとは相性が悪いですね。指数先物も、米国の指数S&P500やNASDAQ等はみな同じです。
検討に値するのはDAXやAEX等、欧州の株価指数先物になりますが……この場合、今度は取引業者の確保が問題になります。
でも海外市場への参入は帝国の建国以来の悲願じゃない?いっそオフショアブローカーに口座開設してしまえばどうかな?
うむ……。将来的には考えたい選択肢だが、現状ではとかく問題も多いだろう。特に我が帝国の英語交渉力の貧弱さだ。何かトラブルが起こった時、マケトリ氏がオフショアブローカーと英語でケンカできるとも思えぬ。
そしてその際のリスクはその海外業者に預けた資金全額だ。リスク規模は最大と言えるだろう。
問題はマケトリ君かー……。難問だねー。
英会話学校もけっこうお金かかりますしね……。
結局、八方塞がりかよ……。ここはやっぱりオレが新システムを開発する以外、道は無しと思うべきか……。


いつも応援ありがとーですm(__)m 更新がんがります(*゚ー゚)


やっぱりどうしても新システムの開発は避けて通れないっぽい。
でも新システムにとっても、海外指数先物は魅力的なんだよね。
ってことで、英語力UPも避けて通れないっぽいですorz
スポンサーサイト

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

戦場をワラントに移すというのは?
色んなターゲットがウロウロしてるみたいですよ~。
商品市場もありましたよ。
中印戦線もラインアップ。
投資資金分しか損はしないみたいですね。
私もちょぼい資金で少し遊んでみようかと考案中です。
リスクはやはり高いかな~。
【2007/02/11 21:43】 URL | 配当金太郎 #- [ 編集 ]


じゃあ私はFXを押します(笑
買いポジなら毎日スワップがつくので塩漬けになっても3年置けば10万つくです。
長期的に円安傾向だし、損切りナシでも勝てますよ。
【2007/02/11 22:40】 URL | さやのゆーじ #P05eae5U [ 編集 ]

>配当金太郎さん
ワラントですか!全然考えてなかったですね。
残念ながら知識がまったくないので、やるなら
お勉強からですかねーorz

ぜひ配当金太郎さんの戦いぶりを観戦してみたいです(*゚ー゚)
【2007/02/12 03:23】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]

>さやのゆーじさん
私もスワップの魅力には惹かれるんですが…。

チキン凍死家な私としては、円キャリーがやっぱ恐怖なんですよね。
実際98年の時はキャリートレード解消で一気に
3日で13%も円高に振れたらしいですし((((;゚Д゚)))
もっともそうなったら日本株とかも無事では済まないわけですが(;´д`A ```
【2007/02/12 03:31】 URL | マケトリ #fPV6Bz1c [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moneystrategy.blog72.fc2.com/tb.php/51-928adee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。