投資大戦略エキスパート
過酷な相場で戦う少女たちの物語(たぶん)。活劇調(?)株式投資&先物トレード実録ブログ。
プロフィール

マケトリ(負け鶏)

作者名: マケトリ(負け鶏)
名前の由来はコチラ

紆余曲折の末システムトレードに勝機を見出し、現在3つの自作システムを運用中。

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別バックナンバー

カテゴリー別

最近の記事

リンク

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキングサイト


株ブロガー選手権!


RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新兵器開発:『グリーンブラット投資法』
2006/06/29 00:43 [Thu]
category:新兵器開発
『グリーンブラット投資法 M&A、企業分割、リストラは宝の山』





開発状況:約30%。第3章の企業分割編まで読了。



「企業分割」を狙って投資して大きなキャピタルゲインを狙う、というのはなかなか理に適っていて有効な戦略だ、ということがコレを読めばわかる。


企業分割には、その意図するところによっていくつかの種類に分けることができ、本書によれば、

1.本業と関係の無い事業を切り離し、本業が市場からより良い評価を受けるようにする。

2.「駄目な」事業を切り離し、本業の足かせを取り払う。

3.(人気がない等で)売却しにくい事業に値段を付け、株主に還元する手段になる。

4.税対策、独禁法等の規制対策。

等になる。

本書によれば、目的が何であれ分割後の企業の株価は分割前を大幅に上回っていくらしい。

1の企業分割の例などは、大変わかりやすい。

たとえば、超音速戦闘機開発が本業だが、戦闘用糧食の事業も行なっているという企業があったとしよう。
多くの投資家にとって、本来投資したい対象は超音速戦闘機開発だ。分割が実施されて、余計な戦闘用糧食の事業が切り離されれば、分割後の戦闘機開発企業は買いやすくなる。今まで躊躇していた多くの投資家に門戸が開かれるというわけだ。
つまり、必然的に株価が上がる!


では、切り離された余計者、戦闘用糧食開発事業の企業はどうなるだろうか?
この企業は分割後、不当な売り圧力にさらされることになる。たとえ、この糧食開発企業が利益率の高い優良企業であったとしても、だ。

まず、分割後、この企業の株式は元の親企業(つまり戦闘機と糧食を両方開発していた企業だ)の株主に分配される。だが、親企業の株主の大半は戦闘機に投資したかったのであって、糧食に投資したつもりは無い。ということで興味が無いので売られる。

また、特にファンドは「時価総額の低い企業には投資しない」「インデックス(S&P500や日経平均のことだ)に組入れられていない企業には投資しない」といったルールに従っている。

それ故、この分割後の小さな糧食企業は無条件で売り払われる、というわけだ。


結果として、この小さな戦闘用糧食企業の株は、分割後に絶好の買い場が生まれる、ということだ。

ふむ、なかなか論理的な結論であるし、魅力的な投資法と言えるだろう。

市場は常に効率的たりえない、と言うのは、多くの投資家が実感していることと思う。だが、一番知りたい「いつ非効率になるのか」という点は、なかなか分からないものだ。

本書はその点を解き明かす鍵を示している。

上記のような具体的な例もその一つだが、何より、本書の筆者が繰り返し語っているのは、

「難解なオペレーションがあった時には、インサイダーの利害が何処にあるかを考えろ!

ということだ。ここで言うインサイダーとは、経営陣や大株主のことだ。

マーケットがどう動けば彼らの利益になるのか、そのために彼らはどうするのか?

そして彼らインサイダーを妨害しうる者は誰か?(あるいはそんな者はこの世のどこにもいないのか?)

これらを深く、深く、考えろ、という。その先に宝は埋まっているのだ!


今後もこの新兵器は期待をこめて開発していくこととしよう。

スポンサーサイト
スポンサーサイト

テーマ:投資おすすめ本 - ジャンル:株式・投資・マネー

06.6.27 相場日誌:「議決権が足りません。コマンド?」
2006/06/28 07:21 [Wed]
category:相場日誌
これは元帥閣下、お帰りなさいまし。株主総会はいかがでしたか?
いや、それが……私は重大なこと忘れていて……もごもご……
どうされたのです?
はっきりされませんね、元帥らしくもない。
株を買ったのが4月を過ぎてたから議決権を持ってないってことを忘れてたんだよねー。
はぁ……。たしかにそれでは、探しても探しても、株主総会の招待状が見つからないわけですね。

それはともかく……、実は昨日ヤマト硝子の四季報速報が出ていたのですけれど、元帥はご覧になりましたか?
うむ、確認している。結論から言うと、特に大きな問題は無いだろう。
そうですか? 営業利益は大幅に下落していますが……。
高い採算性を維持したまま、売上高の増大を目指すという当初の会社方針は維持している。

今期の販管費の増大(の予想)も、そのためのオリジナル商品の販促や先行投資が嵩むであろうためで、
健全な費用増と言えるだろう。
でも、その先行投資の効果が現れなかった時は?
その時は腹をくくるしかないだろう。
だが、この会社の主力の食品容器の部門は、食品メーカーの自社開発を除けば、ライバルと言えるような企業があまり無い、ニッチな強みのある事業だ。

その上、投資家から見れば、企業価値の多くが余剰現金で担保されているのだから、さほど危険な賭けとは思えぬ。

当面は現状の戦線を維持する。特に問題はあるまい。
元帥がそう仰るなら。

でも、精神衛生上、できればこれ以上被弾しないでくれるといいんですけど……。

テーマ:注目銘柄 - ジャンル:株式・投資・マネー

06.6.26 相場日誌:「戦艦ヤマト(硝子)の憂鬱」
2006/06/27 05:26 [Tue]
category:相場日誌
はぁ……ヤマト硝子、冴えませんねぇ……。
どうしてこんなことになっちゃってるんでしょうorz
ま、トーゴーはバリュー投資だとか言ってるが、結果的には高値掴みだよな。
でもですよ、元帥の仰ることも間違ってはいないんですよ。
何しろこの会社ですが、株価が下がりに下がって今や時価総額は21億
一方、保有現金は約30億です。

有利子負債を差し引いても保有現金だけで充分時価総額を超えてるんですよ。
つまり、投資家にとって見れば、タダで事業を手に入れてお釣りが来る、という勘定です。
ふーん。だとしたら、現時点でそれほど割安なのは、
事業の価値がマイナス評価されているから
ということになるな。
そう……かもしれません。
実際、06年度決算では、売上高が約40%も下落してるんです。
ですけど、会社側の説明によると、
「利益率向上のために、不採算の取引先を切った」

ということだそうです。
たしかに、それによって粗利益率は一気に9%から12%に上がっています
ということは、売上高が40%減少していると言っても、事業価値がマイナス評価されるほどの問題ではない、ということか?
ええ、問題がそれだけなら……そうなんですけど……。
なんだ、まだ何かあるのか?
ええ。実は……
07年度決算予想が、どうにもおかしいんです。
売上高は、
100億⇒107億 小幅ながら上昇しています。

なのに、経常利益が、
1億9千万⇒1億3千万
と、思いっきり減少してるんですよ……。

どうしてでしょう?
粗利益率は改善したはずなのに、また落ちたんでしょうか?
粗利がそのままなら、販管費が相当上がったってことになりますけど……一体どうして( TДT)
わかったから、泣くな。

あ、いや、本当に分かったぞ原因。今日四季報の速報が出てる。
ふむふむ……どうも主に販管費の増大が響いているようだな。
原因は、いわく

・新製品の拡販のための広告宣伝費の増大
・昨秋に本社を賃貸ビルに移転したことによる費用増
・減価償却費の増大

というところだそうだ。
本社の賃貸費用は今後も継続されるが……他は一時的な問題ではないか?それにCFベースで見るなら減価償却費は除けるだろう。
これなら……どうだ? 問題は小さいか?
いえ、やっぱりわかりません……。
だってわたくしは本来短期トレードが専門ですし。

最近はシグナルが出ないものだから、まるで短期トレードはさせてもらえませんけど( TДT)
だから、泣くなって。もー困ったなぁ。
だいたい、トーゴーは今どこにいるんだよ。長期投資はあいつが専門だろう?
明日の株主総会に出席するだとかで、今は帝都に向かっているそうです……。
株主総会? ヤマト硝子のか?
そうです。こんな状況ですし、行かずにはいられない心境でいらしたのでしょう。
無茶しなきゃいいんだがな、あいつ。

テーマ:注目銘柄 - ジャンル:株式・投資・マネー

第一回大本営会議『開戦』
2006/06/25 06:41 [Sun]
category:大本営会議
うー・・・眠い・・・誰だよ、こんな時間に呼びつけやがったのはぁ。
大体なんだよ、この副題は。「激論!朝まで生大本営会議!」だと? ふざけやがって!
山下殿、口を慎みなさい。眠気を押して出ているのはみんな同じですよ。
フィフティー、なんでお前までいるんだ?
それはもちろん、元帥閣下から直々にご命令を頂いたからに決まってるでしょう。
元帥閣下って、もしかして、あの?
ええ。あのトーゴー元帥閣下です。あなたを呼びつけたのも、きっと彼女でしょうね。
なんでオレが海軍元帥の言いなりにならなきゃいけないんだよ!
それは……元帥閣下は謎多きお方ですから。
とにかく納得いかん!オレは帰るぞ!
友夏ちゃん、相変わらず元気いいねー。外まで丸聞こえだよ。
石原火鈴! 貴様も呼ばれていたのか。
まったく、貴様の平和そうなツラを見ると気が抜ける。
なにごとも平和が一番だよー。世界人類が平和でありますようにー。
ふぅ。もうどうでもいいよ。
なら、一緒に大人しく元帥の到着を待ちましょうか。
ふんっ。



みな揃ったようだな。ではこれより大本営会議を始める。

まず、今相場に臨むにあたっての、大戦略を策定する。
みなの意見を聞く前に、私の考えを述べておこう。

 我が国の建国以来、もっとも大きな戦果を挙げたのは、割安株艦隊の長期運用によるものであることは、みなも周知のことと思う。黎明期を支えた戦艦「東京汽船(9193)」、巡洋戦艦「鳥羽洋行(7472)」は約40%のキャピタルゲインを挙げて退役している。
 残念ながら現在、戦線を支えている割安株艦隊のパフォーマンスは良いとは言えぬが、私は各艦のファンダメンタルズを信じている。
 割安株艦隊をもって、「長期持久作戦」に持ち込むことこそが、わが皇国が生き残る唯一無二の選択肢であると確信している。

みなの忌憚なき意見を聞きたい。何か質問は?
よろしいでしょうか?
うむ。
わたくしは短期トレードのシステム売買にこそ、活路を見出すべきと思います。資金に乏しいわが国では、長期運用は効率的とは思えません。それより、期待値の高い短期売買のシステムを構築して、資金の回転率を上げることが肝要でしょう。
ふむ。たしかに一理あるだろう。だがフィフティー、そなたの開発した売買システムはそれほどに効率的と言えるのかな?
寄り付きエントリー、大引けエグジットのシステムで1取引あたり平均約+3%という驚異的なリターンを叩き出しています。
それで、シグナルの出る頻度は?
うっ……月に、1度か、2度くらい……かな?
しかも、平均は+3%とは言え、マイナスに大きくふれることもあり、最悪ストップ安になることも決して少なくない故、一度の取引に大きな金額を賭けることは非常に危険だと、この報告書には書かれているな。
あううぅっ……。
それでは我が帝国の主力とはとても成り得まい。
うぅ……ですけど、元帥の長期艦隊だって、旗艦のヤマト硝子が27%も下落しているのではないですか? ヤマト硝子はキャッシュリッチで装甲が厚い(下値余地が小さい)という触れ込みで建造されたのでしょう?
他に意見のある者はいるかな?
逃げましたね。
逃げたな。
逃げちゃったねー。
ぐっ、ええい! 山下殿、貴公の意見はどうか!?
そういう振り方するかなぁ。まぁいいけどさ。

オレは、投資とかなんとかより、まず中のヤツにもっと働かせて給与所得を上げるべきだと思うな。あとはこまめに電気を消したりして節約すること。
電気って……。
それより、その「中のヤツ」とは何を言っているのかよくわからないのだが……?
決まってるじゃないか、この国全体をキーボード一つで影から操っているアイツのことだよ。まったく、ヤツがまじめに朝から晩まで必死こいて働けば、3年もすれば1000万円なんて軽く到達するだろうよ。ヤツはどうせ金を稼いでもろくに使うアテなんてないんだから。彼女もいなけりゃ──
ストーップ!! だめだよ友夏ちゃん。これ以上言うと存在ごと消されちゃうよ。けっこう傷つきやすいヒトなんだから。逆恨みとかされたら大変だよ。
コホン、コホン。えーっと、では山下殿は給与所得、つまり国力の増大を図るこに努め、相場に打って出るべきではない、とお考えということかな?
いや、余剰戦力の投入先として、株式市場が間違っているとは思ってないけどな。ただ、そのキャピタルゲインに全てを賭ける前にまだやることが残ってるだろう、ってことだな。

木村剛氏はその著書『投資戦略の発想法』で、「仕事」と「節約」を資産形成における車の両輪と説いた。まさにしかり、だ。この二つをないがしろにしては、資産運用も何も無い!
たしかに正論ですけど、中のヒトの行動は私達の力の及ぶところではありませんし、ここで論じても仕方がないのでは?
ふむ。中のヒトの行動はともかく、我々は我々で運用益以外の資金源を発掘する必要はあるかもしれぬ。
私達で、というと、アフィリエイトでしょうか?
それも一つだが……、当ブログも建国間もない今、集客力に多くを期待するわけにもゆくまい。
そうですね。サイトのデザインすら出来上がってない状況ですし。
それでよく開設しちゃったもんだよな。
なんかね、準備段階で何人か訪問者があったもんだから、焦っちゃったらしいよー、中のヒトが。でも何で迷い込んできたんだろうねー、全然宣伝してないはずなのに。
準備不足で開戦とは、先の大戦の戦訓がまるで生かされていませんね。
しかも開戦前から艦隊旗艦が中破してんだもんな。どっから攻撃受けたんだ、って話だよ。
ぐっ……。い、石原殿は何かご意見は?
また逃げたよ。
逃げてますねぇ。
ぐぐぐぐぐぐっ
もー、そのくらいにしてあげなよー、友夏ちゃん、フィーちゃん。

ボクはねー、大陸進出っていいと思うよー。
と言うと、中国株ということかな。
うん。中国株。あとインドとかー、ブラジルロシア? BRICsっていうの? 投信があるよね?
流行りモノは避けたほうが無難だと思うぞ。投資の世界の「流行りモノ」ってのは、販売元(証券会社etc)が「流行らせたいモノ」と同義だからなぁ。自分からカタに嵌められに行くようなもんだぞ。
それに、為替リスクというのも無視できませんね。本来リスクには応分のリターンが付随するものですけど、為替リスクには本来的にリターンがありませんから、避けるべきリスクでしょう。
だけどねフィーちゃん、資産の100%が日本経済に依存してるっていうのも立派なリスクだよー。海外資産を持つっていうことは、むしろどっちかと言うとリスクヘッジって言えるよ。

それに友夏ちゃん、派手に上昇した後に待ってるのは、やっぱり派手な暴落でしょ? 「世界同時株安」とか煽ってるみたいだし、新興国の株を拾いに行く機会ってけっこうありそうじゃない?
ふむ。では機を窺い、大陸に進出するべきということか。それもたしかに一理ある。
だが今はこれ以上戦線を拡大するだけの資金の余力が無いのだ。
そうですね。主力艦隊が敗走している状況ですし。
まったくだ。おかげで全体の余裕がないな。
ぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐっっっ
もう止めようよー二人ともー。


ブログ内検索

現有戦力&戦果


システムトレード航空隊
現有戦力:169機(±0)

F-225B
(先物デイトレシステム)

◆日経先物方面
  戦果(開戦来):+53機
◆商品先物方面
  戦果(開戦来):-2機

F/S-15イーグレット
(短期オーバーナイトシステム)

◆先物方面
  戦果(開戦来):+1機
◆現物株式方面
  戦果(開戦来):+3機

('07.5.8現在)

主要キャラクター


アドミラル・トーゴー アドミラル・トーゴー
・座右の銘は「常在相場」。
・ファンダメンタル重視でバリュー株投資を試みるも大敗。
・現在、長期株式艦隊の再編成を密かに画策中……?

フィフティー・S・山本
フィフティー
・短期戦指向。
・シストレ航空隊を創設、日経先物方面で大戦果を挙げ、帝国の危機を救う。

山下友夏
友夏
・株式市場に囚われない、柔軟な投資戦略。人呼んで「マネーの虎」。
・現在、フィフティーに対抗して「シストレ機甲師団」構想を立ち上げているが、機体の開発が難航している。

石原火鈴
火鈴
・陽気なオカルティスト。
・国際投資戦略が大好き。特に中・印の大陸方面への進出が悲願だが、システム運用が国是となった今、予算の獲得は難しい状況。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。